くびれ作り方 姿勢

くびれがきれいな姿勢の作り方

くびれの作り方は、まず姿勢から!といっても過言ではないかもしれません。
現代人の多くは姿勢が崩れています。貴女はいかがでしょう。

こうやって偉そうに言っているわたしだって、猫背気味でストレートネックです。
でも仕方ないんです。

仕事はデスクワーク中心ですし、受験勉強だって頑張って机に向かってたし、電車の中ではスマホ、家に帰ればパソコンで手元の作業に集中する毎日を送っているんですから。

仕方ないとは言っても、これらの生活はくびれ作りにはかなり悪いです。
くびれを作るためには、猫背からさよならする必要があります。

猫背と言うのはつまり、背骨が前に倒れ気味で、骨盤とあばら骨の一番下の距離が狭くなっているっていう状態です。
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、あばら骨を触ってみてください。胸の下あたり、脇腹の方へ手を伸ばしてみると、意外と下の方まであばら骨があることに気付きます。へそと同じ高さぐらいまでありますね。

猫背になると、このあばら骨の一番下と骨盤との間が狭くなります。
これは何を意味するのかというと、自分のくびれへの可能性を殺していることを意味しています。

説明が下手で申し訳ないんですが、あばら骨と骨盤の間の距離が狭くなると、どうしても幼児体型になってしまいます。なんとなくわかりますかね…。

まあとにかく、猫背とくびれは共存できません。くびれを作りたければ、猫背を治しましょう!

イメージは骨を積み木のように

姿勢を治すのは簡単なことではありません。

当サイトはくびれの作り方に関するサイトです。恐らく、姿勢を改善するためにはもう一つサイトをつくる必要があるくらいなので、ここでは簡単に姿勢を正すコツについてお話しします。

姿勢を正すイメージとしては、骨を積み木のように重ねていくことでしょうか。
身体を骨でとらえるのは非常に重要です。

よく、姿勢を良くするためには背筋を鍛えなければならないとか言います。
確かに筋肉は重要です。しかし、骨の配置は普段意識されていないですがかなり重要です。

一度立ち上がって、イメージしてみてください。
足の内側には太い骨があります。その上にまっすぐ骨盤が乗っています。
その上に背骨がまっすぐ乗っていて、あばら骨がくっついていて、てっぺんに頭が乗っかっています。

頭は、足の内側の太い骨の真上にあります。前に突き出ていません。
イメージが重要です。

くびれの作り方一覧

くびれの悩み

くびれのコラム

くびれの作り方マニュアル!のブログ