フラフープ くびれ

フラフープでくびれをつくる

フラフープ。小学生のころ、だれもが遊んだことのあるのではないでしょうか。
これ、くびれにしっかり効きます。ちなみにフラフープの”フラ”は、同じように腰を回すフラダンスのフラからきています。

大体、1日に10分ほど行えば約300kcalが消費できると言われています。毎日続ければ1か月で9000kcal、1キロぐらい落ちますね。しかも動かしているのは腰回り、腹回りですから、胴の筋肉や軸となる体幹も刺激することが可能です。

またさらにフラフープを行うメリットがあります。骨盤矯正の効果が期待されているということです。
もちろんこれは医学的に証明されているわけではないと思いますが、お腹のインナーマッスルが強くなることで、自然と骨盤が正しい位置に維持される、という効果があるとされています。

骨盤がゆがんでいると、ウエストや腰の付近に本来なかったはずの隙間が生まれます。そこに脂肪が蓄積されて太りやすくなってしまうのです。こういう人は、下腹部が膨らむ”ポッコリお腹”のひとが多いです。
骨盤を整えることで、こういったタイプの肥満も解消することができるでしょう。

フラフープができない人は…

ただしこのフラフープによるくびれづくりには難点があります。
フラフープができない人は、この方法を使えません…。また、室内でやる場合も、ある程度の広さが必要となります。
大体身長が150cmくらいだったら、直径100cmのフラフープを使用します。つまり自分を中心として半径1m以上の広さを確保できないと回せないでしょう。

フラフープが出来ない人については、あきらめるか、チャレンジしてみるか、どちらかです。
ちょうどフラフープを回し方についての動画を見つけたので共有します。

面白い方ですね。

私としては、フラフープを回せるようになるにはもうとにかく練習しかないと思います。
変に頭を使って「ああして、こうして」とやるよりも、もう雑に、「こんなかんじでしょ!」と回してみて動いてみた方が早く上達すると思います。

くびれの作り方一覧

くびれの悩み

くびれのコラム

くびれの作り方マニュアル!のブログ