ドドスコ くびれの作り方

ラブ注入しながらくびれをつくる方法

この方法は、ちょっと楽しい?くびれの作り方です。
ちょっと以前、マネージャーと何かもめごとがあったりして話題になっていましたが。
整体師でもあり芸人である楽しんごさんのギャグ、ラブ注入がくびれに効くそうです。

あ~ん、ドドスコスコスコドドスコスコスコドドスコスコスコラブ注入♪
でくびれが出来る!?そんなのウソだろ!

と、思いきや、実はあの動き、整体師の楽しんごさんが計算尽くして考えた動きだそうです。
あの動きと言っても、正直あの方がブレイクしてから結構時間たっているので、忘れてしまった方がいるかと思います。

そこで、ラブ注入の動きを思い出すために最適な動画を発見しました。共有します。

3分間ドドスコでくびれをつくる

いかがでしょうか。正直、本当に効果があるんだろうなという印象を私は受けました。
私はくびれ作りマシンでくびれを作った人間なので、このくびれの作り方は試していませんが、もしかしたらドドスコはくびれ作りマシンと同等ぐらいの効果はあるのかもしれません。

恐らく、当サイトで紹介しているくびれの作り方の中では、この2つがもっとも効果が高いと思います。
そう考えた理由に、まずこの動きの激しさ。

くびれを作るためにはお腹の筋肉をつけることが欠かせません。そして脂肪を落とすこともそうです。
この動きではどちらもをカバーできそうです。ただ、3分間続けられればの話ですが。

いや、1分ほどでも効果はあると思います。徐々に時間を伸ばしていけば、やがて3分間もできるようになるでしょう。

インナーマッスルを特に鍛える必要がありますが、インナーマッスルっていうのはゆっくりの動きの方が鍛えられると言います。
しかし、この動きはゆっくりじゃないですね。それでも、動きが激しいからと言って、インナーマッスルが全く鍛えられないわけではありません。

やれば効果があるが、ハードルが高い

ラブ注入をマスターして、例えば2日に1回3分間行うようになれば、おそらく3か月後には変化が表れ始め、半年後にはしっかりとくびれが出来ているでしょう。

ただ、ハードルが高いですね。やってみれば楽しいので、ぜひチャレンジはしてほしいのですが。

くびれの作り方一覧

くびれの悩み

くびれのコラム

くびれの作り方マニュアル!のブログ