デトックスはあくまでくびれ作りのサポートです。

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近、私はデトックスダイエットという方法にチャレンジしています。
周りの人からは「それ以上痩せてどうすんの?」と言われますが、まだまだやります。ちなみに、自慢じゃないですよ?(笑)

私がダイエットを続けるのは、もちろん理由があります。このくびれの作り方マニュアルの内容をより充実させるためです。

デトックスダイエットがどの程度くびれ作りに効果があるのか?
ハッキリ言って、デトックスが直接くびれに及ぼす影響は少ないと思います。

そもそもデトックスとは、身体に長い時間をかけて蓄積された毒素や老廃物を排出して、一度身体の中を綺麗にリセットするようなものです。

デトックスをすると一般的に、消化・吸収・代謝がよくなると言われています。
吸収が活性化されるとより太りそうな気がしますが、同時に代謝もよくなるので、吸収が活性化されたと言って太りやすくはならないです。

身体の中がキレイになることで、今までダイエットを邪魔していた毒素や老廃物がいなくなり、痩せやすくなる。これがデトックスの効果ではないかと思います。

痩せやすくなるので、くびれ作りのサポートには十分なると思います。
ただし、デトックスしたからくびれが出来るわけではないんですね。


くびれはやはり、運動やEMSを使ってある程度お腹まわりの筋肉を鍛えなければできません。

ポイントは筋肉なんですよね。

若いころはくびれがあったのに、年をとっていくとくびれが無くなっていくことがあります。この原因は、ホルモンバランスの変化や体脂肪の増加などがありますが、筋肉量の減少も大きな原因の一つです。

特にお腹まわりのインナーマッスルは現代日本人の日常生活では使われることの無い部分ですから、落ちやすい筋肉だと言えます。

内臓や皮下脂肪をしっかりと引き締めておく、身体の内側のコルセット。それがお腹まわりの筋肉なんです。くびれている人はここが正常に発達しています。そうでない人は緩んでしまっているのではないでしょうか。

もちろん、骨格の要因もあります。日本人はくびれが出来にくい骨盤の形です。とはいえそれでも、例えばエクササイズなどをして、くびれを作り上げることは可能なのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tuxema.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6

コメントする

このブログ記事について

このページは、管理人が2015年2月 5日 09:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「じゃがりこの食べ過ぎでくびれがピンチに」です。

次のブログ記事は「踏み台昇降で体脂肪を落とす!くびれ出来るかな?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7