アサリ くびれ 作り方

アサリでくびれを作れるのか

アサリでくびれが作れるのかについて考えてみましょう。
くびれを作るためには、そのための筋肉をつけることと、脂肪を落とすことが大切です。
体脂肪率を落とすことですね。

つまり、この効果がアサリにあるのかどうかということが今回の議題です。
では、本来的な議論から始めてみることにしましょう。

アサリとはなんだろうか

アサリとは、ハマグリなどと同じマルスダレガイ科の二枚貝で、アジア地域に生息する貝の一つです。

古くから日本人にも食べられていて、貝塚など遺跡からも見つかっています。

色は黒だったり、白だったり、ホルスタインのような白黒だったり、茶色だたり模様があったりとさまざまですが、形は大体一緒です。大きさは、500円だまくらいでしょうか。

スーパーでもいつでも買えるので、知らない人はまずいないと思います。

では、アサリを食べる効用とはなんでしょうか。

アサリには高いたんぱく質が含まれている割に、脂肪分が非常に少ないのが特徴と言えます。

ビタミンb2、鉄分、マグネシウムなど、人間の健康に必要な成分がしっかりと含まれています。

なかでもビタミンb12という成分は、貝類の中でもトップレベルの量を含んでいます。ビタミンb12は人間が自分で生産できない成分です。

ここで注目すべきなのはやはり、最初にあげた高タンパク質、低脂肪というところでしょう。

これは筋肉づくりと、脂肪落としの両方に効いてきます。
こうして考えていくと、アサリがくびれ作りに役立つということが分かります。

アサリを食べることはくびれの作り方の一つであるというように言えるでしょう。

ちなみに、これは余談ですが、アサリの名前の由来となったのは、昔の人々が食料を探しに出かけた際に、海岸などを漁る(あさる)とアサリがとれたから、ということがあるらしいです。

他にも説はあって、砂利、という言葉にも関連しています。砂利をいじくっていると捕獲できるし、砂抜きをしないと砂利を含みっぱなしですからね。

アサリでくびれをつくろう

アサリのおいしい食べ方としては、パスタや酒蒸し、日本料理ではみそ汁などが有名ですね。

結局は、たんぱく質をとりながらも脂肪は抑えたいのです。なので、他の脂肪分が多い食品と食べるとアサリの効果が無意味になってしまいます。

注意点としてはそこだけです。

くびれの作り方一覧

くびれの悩み

くびれのコラム

くびれの作り方マニュアル!のブログ