くびれ作り方

  • くびれの作り方マニュアル

ベストオブくびれの作り方 ~腹回りを制するのは誰だ!?~

外国人女性のくびれ

くびれを作ると言っても、その方法はさまざまです。

自分に合いそうな方法をピックアップするもよし、全部やってみるもよし。ビューティフルでグラマラスなくびれを手に入れましょう!

1日80円以下!だけど効果は最強!くびれ作りマシン

EMS(電気的筋肉トレーニング)マシンを使ったくびれの作り方です。
当サイトでは一番おすすめしている方法になります。EMSマシンを使うことのメリットは


①キツい制限や運動をせずに脂肪が簡単に落ちる
②美しいくびれに必要な腹回りの筋肉がつく
③ウエストを始め、腕やふともも、ふくらはぎなど気になる部分にアプローチできる
④使用期間を考えるとコストが低い

などなどです。

≫続きを見てみる

エクササイズでウエストを絞る方法

エクササイズでウエストを絞る。まさに正攻法です。エクササイズを行うことで血流も促進され、代謝もアップ。
さらに筋肉が刺激されるので引き締まったシルエットが作れます。脂肪を落としつつ適度な筋肉をつける、もっともスタンダードな方法といってもよいのではないでしょうか。

≫続きを見てみる

ベリーダンスでくびれをつくる

中東で生まれたアラビアンなダンス、ベリーダンスでくびれをつくる方法です。
ベリーダンスを見たことのある方はご存知とは思いますが、ベリーダンスでは腰をかなり振ります。

フラダンスなどももちろん腰を振って、くびれに効くとは思いますが、ベリーダンスの腰フリ度はフラダンスの比じゃないです。
さらに言えば、ベリーダンスの動きは艶やかでセクシーです。女子力アップというよりも、色気アップが期待できそうです。

≫続きを見てみる

水泳でくびれをつくる

もしかしたら当サイトで紹介するくびれづくりの方法ではこれが一番健康的かもしれません。
水泳によって身体を鍛え、くびれを作る方法です。

女子の水泳選手を見てみてください。くびれていない人はいません。あれが理想のスタイルかと言えば、ちょっと肩幅が大きかったりガッチリしすぎているように思いますが、それを差し引いてシルエットだけで考えれば、理想的なスタイルですよね。

≫続きを見てみる

フラフープでくびれをつくる

フラフープ。小学生のころ、だれもが遊んだことのあるのではないでしょうか。
これ、くびれにしっかり効きます。ちなみにフラフープの”フラ”は、同じように腰を回すフラダンスのフラからきています。

大体、1日に10分ほど行えば約300kcalが消費できると言われています。毎日続ければ1か月で9000kcal、1キロぐらい落ちますね。しかも動かしているのは腰回り、腹回りですから、胴の筋肉や軸となる体幹も刺激することが可能です。

≫続きを見てみる

くびれのための歩き方

こんな歩き方をすれば簡単にくびれちゃう♪というような方法ではありませんが、くびれを作り、維持することに貢献する歩き方を紹介します。

まず、姿勢を正しく保つことが大前提です。どんなにくびれていても猫背じゃ美しくないですし、猫背のように前に背骨ごとまがっている状態だと肋骨の隙間が狭くなり、結果的に骨盤と肋骨のあいだにできるはずのくびれもできなくなります。

≫続きを見てみる

≫続きを見てみる

くびれの作り方一覧

くびれの悩み

くびれのコラム

くびれの作り方マニュアル!のブログ